証券会社で取引ができる日本企業と海外企業の株の比較

main-img

日本の証券会社では国内で上場している企業の株式のほかに、海外の企業の株式も購入できるようになってきています。

証券会社で購入可能な海外の企業の株式としては、アメリカや中国の国の個別株がと扱われている場合が多いです。しかし、国内の株式と海外の株式を比較すると、いくつかの違いが生じるために注意が必要となっています。

証券のランキングにはこちらのサイトが最適です。

まず、国内の企業と海外の企業の情報量を比較すると、圧倒的に国内の企業の方が情報を得やすいです。



国内の企業では適時開示を行っており、専用のサイトや企業のサイトへ行けば、簡単に情報が入手できます。

また、国内企業の新製品の発表などのニュースは、テレビやラジオなどから自然と入ってくることが多くなっています。


そのため、国内企業ではあらゆる情報を把握することが可能となり、株式投資としてもリスクを抑えることができます。

しかし、海外の企業では知り得る情報は限られることになります。


決算などの情報は海外サイトなどで入手ができますが、英語が読めないと苦しい面が出てきます。

日本経済新聞情報はすぐに役立ちます。

そのため、海外の企業への投資する場合には、テレビのニュースでも決算情報を取り上げるような大企業でないと投資に向かないとも言えます。
次に国内企業の株式と海外企業の株式を比較すると、税制が異なる面が挙げられます。日本企業の株式では、特定口座ならば証券会社で配当や譲渡益に対して20%の源泉徴収がなされます。

しかし、海外の企業の株式では日本の税率のほかに、海外の国での税率が適用されることが起こってきます。

証券のテクニック

subpage1

現代社会は個人投資家の増加が進む社会になってきています。そしてそれを支えているのがインターネット上で気軽に投資を行うことができるシステムを提供している証券会社各社です。...

more

わかりやすい情報

subpage2

何らかの投資を行う場合、その過程で証券会社のお世話になることは少なくありません。ある程度の資産家であれば専属の営業担当者が付くこともありますが、近年増加傾向にある個人投資家の場合にはインターネット上で殆どの手続きが完了するネット証券と呼ばれる会社を利用するケースが多いでしょう。...

more

証券をもっと知る

subpage3

これから投資をしようとする人が最初に考えることになるのは、どの証券会社を使って投資をしようかという基本的な部分です。多くの場合、最初に縁のあった業者を使って徐々に詳しくなって行くという道を辿ることになるのですが、最近ではNISA口座の様に後からの修正が難しい選択肢も少なからず存在しています。...

more

サポート情報

subpage4

証券会社を比較するときは、店舗型の総合証券か、無店舗型のネット証券かという選択肢があります。インターネットに親しみのある若い人は迷わず手数料の安い無店舗型を選ぶことも多いようですが、インターネットに慣れていない人は店舗型でないと不安という人もいるようです。...

more